国内外ニュース

アンジーとNATO協力へ 紛争地の性暴力撲滅目指す

 ベルギー・ブリュッセルのNATO本部で記者会見する米女優アンジェリーナ・ジョリーさん=1月31日(共同)  ベルギー・ブリュッセルのNATO本部で記者会見する米女優アンジェリーナ・ジョリーさん=1月31日(共同)
 【ブリュッセル共同】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)特使を務める米女優アンジェリーナ・ジョリーさんは1月31日、ベルギー・ブリュッセルの北大西洋条約機構(NATO)本部を訪れ、紛争地での性暴力撲滅のため、NATOと協力すると述べた。

 ストルテンベルグ事務総長は性暴力撲滅に向け「やれることはまだ多い」と述べ、ジョリーさんの協力を歓迎した。

 ジョリーさんは事務総長との会談後の記者会見で、レイプが女性や家族、地域を攻撃し破壊する「武器」として使われているにもかかわらず、手を打てずにいることを「歴史的な不公正」と強調した。

(2月1日6時39分)

国際(2月1日)