国内外ニュース

国際陸連などの不正で大陪審 米司法省、NYタイムズ紙が報道

 【ニューヨーク共同】国際オリンピック委員会(IOC)や国際陸連などのスポーツ組織が関わる不正を巡り、米司法省が大陪審の手続きを取ったと、米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)が1月31日に報じた。

 同省が特に注視しているのは2019年にカタールのドーハで、21年には米オレゴン州ユージンで開催される陸上の世界選手権。ユージン大会は国際陸連が通常の手続きを取らずに開催地を決めたとして、既にフランス司法当局なども捜査している。28年ロサンゼルス五輪も対象なのかは、はっきりしないという。

 今回の捜査は国際サッカー連盟(FIFA)も対象に入っている。

(2月1日12時04分)

スポーツ(2月1日)