国内外ニュース

日産報告書、8人中2人が不合格 無資格検査で弁護士ら評価

 日産自動車の無資格検査問題を検証した外部調査報告書の内容について、弁護士らで構成する格付け委員会は1日、8人中2人が「不合格」の評価を下した。残る6人も最低評価だった。調査チームの独立性が不透明で、車の専門家もおらず分析が表層的だったと厳しく批判した。

 格付け委員会は弁護士や学者で構成し、不祥事を起こした企業などが実施する第三者による原因調査が適切だったかどうかを評価している。

 調査を担当した法律事務所と日産の利害関係が不明瞭だと指摘したほか、調査期間が19日間と短く、通り一遍の調査しかしていないことも理由に挙げた。

(2月1日12時39分)

経済(2月1日)