国内外ニュース

東北大の雇い止め違法と労働審判 非正規職員6人申し立て、全国初

 東北大に勤める40~60代の非正規職員6人が1日、自分たちを含む大量の非正規職員を3月から雇い止めにするのは違法として、雇用継続を求める労働審判を仙台地裁に申し立てた。弁護団によると、大学の雇い止めを巡る労働審判の申し立ては全国で初めて。

 申立書によると、6人は東北大に5年以上勤務。2013年4月施行の改正労働契約法では、雇用契約が5年を超えた場合、非正規職員の希望に応じて無期雇用に転換できると規定しており、既に名古屋大や山形大などがこの「無期転換ルール」を導入している。

 一方、東北大は約3千人規模の非正規職員を雇い止めにする方針を発表した。

(2月1日17時45分)

社会(2月1日)