国内外ニュース

ロシア28選手の処分取り消し スポーツ仲裁裁判所が決定覆す

 ロシア選手のドーピング違反問題についての裁定を発表する、スポーツ仲裁裁判所のマシュー・リーブ事務局長=1日、韓国・平昌(共同)  ロシア選手のドーピング違反問題についての裁定を発表する、スポーツ仲裁裁判所のマシュー・リーブ事務局長=1日、韓国・平昌(共同)
 【平昌共同】2014年ソチ冬季五輪での国ぐるみのドーピング問題を巡り、再検査で国際オリンピック委員会(IOC)から科された五輪永久追放処分を不服としてロシア選手が提訴した問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は1日、聴取した39人のうち28人はドーピング違反とするには証拠が不十分とし、処分を取り消す裁定を発表した。

 28選手は9日開幕の平昌冬季五輪に参加できる可能性が出てきた。開幕直前に処分が覆り、混乱も予想される。

 残る11人についてはドーピング違反があったと認定したものの、永久追放は認めず、出場できない大会は平昌五輪のみとした。

(2月1日18時24分)

国際大会(2月1日)