国内外ニュース

ANA、日航とも増収増益 ビジネス利用好調

 ANAホールディングスと日本航空の航空大手2社の2017年4~12月期連結決算が1日、出そろった。ビジネス利用が堅調だったことなどからいずれも増収増益となった。両社とも国際線、国内線の双方で旅客収入が伸びた。

 ANAは売上高が前年同期比11・9%増の1兆4908億円、純利益が76・7%増の1529億円。いずれも4~12月期として過去最高だった。

 国際線では日本発のビジネス需要に加え、旺盛な訪日需要を取り込んだ。

 日航は売上高が7・2%増の1兆460億円、純利益が5・4%増の1141億円。国際線は会社員の出張需要が増えたため、ビジネスクラスの利用が伸びた。

(2月1日18時50分)

経済(2月1日)