国内外ニュース

森友、昭恵夫人が進捗尋ねる電話 首相は信ぴょう性に疑問呈す

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、新たに明らかになった音声データの中で、籠池泰典前理事長らが財務省に直談判した後、安倍晋三首相の昭恵夫人から「どうなりましたか」と交渉の進捗を尋ねる電話があったと発言していることが1日、分かった。共産党の辰巳孝太郎氏が国会質疑でこうしたデータを基に、昭恵氏の関与を追及したが、首相は籠池氏の発言の信ぴょう性について疑問を呈した。

 首相はこれまでに「私や妻が関係していたら首相も国会議員も辞める」と答弁している。野党は昭恵氏が交渉に関わった可能性があるとみて、追及を強める構えだ。

(2月1日19時49分)

社会(2月1日)