国内外ニュース

セクハラで教諭出勤停止、松山 聖カタリナ高、女子部員に

 陸上競技部の女子部員へのセクハラ問題で記者会見し、謝罪する聖カタリナ学園高の芳野敬三校長(右)ら=1日午後、松山市  陸上競技部の女子部員へのセクハラ問題で記者会見し、謝罪する聖カタリナ学園高の芳野敬三校長(右)ら=1日午後、松山市
 松山市の聖カタリナ学園高は1日、記者会見し、陸上競技部の女子部員にセクハラをしたとして、顧問の男性教諭を20日間の出勤停止処分としたと発表した。女子部員の保護者が学校に訴えていた。

 同校によると、女子部員は昨年11月以降、男性教諭から練習後にマッサージを受け、肩などを触られ不快に感じたという。さらに、女子部員がけがをしたため、同年11月、教諭の自家用車に乗って2人で治療に向かった際、車内で激励の言葉をかけられ、手を握られたなどと訴えている。

(2月1日20時50分)

社会(2月1日)