国内外ニュース

アマゾン、印刷工場から本を直納 新事業、取次外す動き加速

 記者会見するアマゾンジャパンのメディア事業本部の村井良二統括事業本部長(右)=1日、東京都目黒区  記者会見するアマゾンジャパンのメディア事業本部の村井良二統括事業本部長(右)=1日、東京都目黒区
 インターネット書店大手のアマゾンジャパンは1日、大日本印刷、凸版印刷と協力し、一部の書籍や雑誌を印刷工場からアマゾンの倉庫に直接納入するなどの新事業を開始すると発表した。配達完了までの時間を短縮し、細分化している読者のニーズに応えることが目的という。

 アマゾンは近年、書籍販売で独自の物流網構築を進めており、今後新事業への参加を出版社に求める。従来の出版流通を支えてきた取次会社を外す動きが加速しそうだ。

 これまでは、印刷会社から取次会社の倉庫などを経由して、アマゾンに運ばれていた。アマゾンは、取次会社が得ていた利益を出版社などと分け合うとしている。

(2月2日0時06分)

文化・芸能(2月2日)