国内外ニュース

草津白根、観測機器を増設 気象庁、監視を強化

 草津白根山の本白根山。丸で囲んだ部分が火口列と火口。手前は鏡池、中央上の建物はロープウエー山頂駅=1月28日、群馬県草津町  草津白根山の本白根山。丸で囲んだ部分が火口列と火口。手前は鏡池、中央上の建物はロープウエー山頂駅=1月28日、群馬県草津町
 気象庁は2日、草津白根山の噴火を受け、監視を強化するため、臨時の地震計と空振計を新たに1台ずつ、ロープウエー山頂駅に設置したと発表した。既に運用を始めており観測データは24時間、気象庁に送られている。

 気象庁によると、地震計は火山性地震や微動を観測し、空振計は噴火などによる空気の振動を検知する。山頂駅は新たに火口ができた本白根山の鏡池の北約1キロにある。約2キロ離れた白根山周辺に噴火前から設置されているものより高い精度で、本白根山の活動を監視できる。

(2月2日16時40分)

社会(2月2日)