国内外ニュース

新たなごみと国が強調、森友抗議 埋め戻し露呈

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、地中から見つかり大幅値引きの根拠となったごみについて、学園側の設計事務所が2015年の土壌改良工事で埋め戻したごみの可能性があると指摘したにもかかわらず、国側が「新たなごみ」と強調していたことが2日、共産党が入手した16年3月16日付とされる音声データで分かった。

 学園は15年、地下3メートルまでのごみを撤去する土壌改良工事をしたが、予算の都合などで一部は掘り出したごみを埋め戻すことで国と業者だけで合意。学園の籠池泰典前理事長は知らされなかった。

(2月2日16時50分)

社会(2月2日)