国内外ニュース

運転手の健康確認、ネットで点呼 国交省が規制緩和

 国土交通省は、バスやタクシーの運転手の健康状態を確認する「点呼」に関し、インターネットでウェブカメラなどを使って実施できるよう規制を緩和する。3月上旬に関係省令を改正、施行する。点呼のために営業所に出向く手間を省き、長時間労働の抑制につなげる狙い。

 運転手の点呼を巡っては、現行では乗務前後に営業所で運行管理者と直接面会して、酒気帯びや体調不良の有無などを確認することが義務付けられている。

 規制緩和後は、運転手が乗務後に車庫にある事務所などで、営業所にいる運行管理者とウェブカメラなどで交信し、運転手が走行した区間の路面や車両の状況を確認できるようにする。

(2月2日17時34分)

社会(2月2日)