国内外ニュース

学校上空の米軍機飛行停止を要請 6野党、大使館に

 在日米大使館に申し入れ後、記者団の取材に応じる立憲民主党の本多平直氏(左から2人目)ら=2日午後、東京・虎ノ門  在日米大使館に申し入れ後、記者団の取材に応じる立憲民主党の本多平直氏(左から2人目)ら=2日午後、東京・虎ノ門
 野党各党は2日、東京・赤坂の在日米大使館に対し、沖縄県で相次ぐ米軍機のトラブルを踏まえ、学校や幼稚園上空などでの飛行停止を申し入れた。立憲民主、希望、民進、共産、自由、社民の6党の名前でハガティ駐日米大使宛ての要請書を提出。応対したスナイプ安全保障政策課長は「大使に伝える」と応じたという。

 申し入れには、衆院安全保障委員会に所属する本多平直氏(立民)らが参加。要請書では、飛行停止に加え、トラブルの原因究明や沖縄配備の米軍機の点検修理を求めた。

(2月2日18時54分)

政治(2月2日)