国内外ニュース

電柱ロケット、3日に再挑戦 打ち上げ前に機体公開

 打ち上げを前に公開された電柱サイズの小型ロケット「SS520」5号機=2日午後、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所  打ち上げを前に公開された電柱サイズの小型ロケット「SS520」5号機=2日午後、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2日、電柱サイズの小型ロケット「SS520」5号機の3日の打ち上げを前に、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所で機体を公開した。東京大の超小型衛星を載せ、午後2時3分に打ち上げる予定。

 昨年1月の4号機は失敗しており、40項目以上を改善した上での再挑戦。責任者の羽生宏人准教授は「悔しい思いを持ち続け、設計や試験を積み重ねてきた。目前の打ち上げを成功させたい」と意気込みを語った。

 観測所では2日、オレンジ色のレール状の発射台に、全長約10メートル、直径約50センチの銀色のロケットが取り付けられ、準備はほぼ完了した。

(2月2日17時55分)

科学・環境(2月2日)