国内外ニュース

北朝鮮のスケート選手が右脚負傷 ショートトラック練習で転倒

 本番リンクでの公式練習で激しく転倒し、担架に乗せられるショートトラック男子の北朝鮮のチェ・ウンソン選手(中央)=江陵(共同)  本番リンクでの公式練習で激しく転倒し、担架に乗せられるショートトラック男子の北朝鮮のチェ・ウンソン選手(中央)=江陵(共同)
 【平昌共同】平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子に出場予定の北朝鮮のチェ・ウンソン選手が2日、本番の会場で行われた練習で激しく転倒し、救急車で病院に搬送された。会場の広報担当者らによると痛めたのは右脚。骨折などの深刻な状態ではなく、裂傷の手当てを受けて宿舎に戻ったという。

 北朝鮮のアイスホッケーを除いた選手団は1日に韓国に到着し、スケートなどが行われる江陵の選手村に入った。チェ選手は感触を確かめた後、同時に練習していたイタリアやフランスの選手に交じってスピードを上げたところ、コーナー出口でバランスを崩し、フェンスにぶつかって倒れ込んだ。

(2月2日23時19分)

国際大会(2月2日)