国内外ニュース

NY株、一時300ドル超安 米金利上昇に嫌気

 【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅反落して一時、前日と比べた下げ幅が300ドルを超え、2万6000ドルを割った。米長期金利の指標の10年債利回りが一時、約4年ぶりの高水準となる2・852%まで上昇したことが嫌気された。

 同日発表の1月の米雇用統計が市場予想を上回り、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ加速観測が広がった。米株高は低金利を背景に進行してきたため、投資家の警戒感が強まった。

 午前10時現在は前日比259・94ドル安の2万5926・77ドル、。

(2月3日0時24分)

経済(2月3日)