国内外ニュース

米金利上昇、一時2・85% 4年ぶり高水準

 【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク債券市場は、米長期金利の指標となる10年債利回りが一時2・854%まで上がり、2014年1月下旬以来約4年ぶりの高水準となった。

 朝方発表された1月の雇用統計が堅調だったことで利上げペース加速に対する警戒感が広がって米国債の売りが優勢となり、相場が下落(利回りは上昇)した。

(2月3日9時00分)

経済(2月3日)