国内外ニュース

ソウルの大型総合病院で火事 300人が退避

 ソウルの新村セブランス病院の火事で避難した患者ら=3日(聯合=共同)  ソウルの新村セブランス病院の火事で避難した患者ら=3日(聯合=共同)
 【ソウル共同】韓国・ソウル西部にある大型総合病院「新村セブランス病院」で3日午前、火災が起き、患者や職員ら300人以上が退避した。8人が煙を吸ったが重傷者はいないもよう。消防が明らかにした。

 火は3階の食堂の天井付近から出た。有毒ガスを含んだ煙が上層階へ上がらず人的被害を免れた。スプリンクラーなどの防火装置が作動したとみられる。消防は重篤ながん患者ら2人を屋上からヘリコプターで別の病院へ移送した。

 韓国では昨年12月に中部、堤川のサウナなどが入る建物の火災で29人が死亡し、1月にも南部、密陽の病院火災で40人が死亡する惨事が起きている。

(2月3日12時55分)

国際(2月3日)