国内外ニュース

北海道新幹線で信号障害 列車誤検知、2本遅れ

 3日午前10時10分ごろ、北海道新幹線奥津軽いまべつ駅構内(青森県今別町)で、上り線の信号が赤のまま変わらなくなり、新函館北斗発東京行きのはやぶさ16号が所定の停止位置の手前で止まった。

 JR北海道によると、安全確認をして約15分後に運転を再開。運行システムが実際にはいない列車を誤って検知し、信号が赤になったという。はやぶさ16号と後続の新函館北斗発東京行きのはやぶさ18号に約20分の遅れが出た。

(2月3日13時49分)

社会(2月3日)