国内外ニュース

JAXA、電柱ロケット初成功 衛星投入、実用化に弾み

 超小型衛星を搭載し打ち上げられる小型ロケット「SS520」5号機=3日午後2時3分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所  超小型衛星を搭載し打ち上げられる小型ロケット「SS520」5号機=3日午後2時3分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所  超小型衛星を搭載し、打ち上げられる小型ロケット「SS520」5号機=3日午後2時3分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所  超小型衛星を搭載し、打ち上げられる小型ロケット「SS520」5号機=3日午後2時3分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日午後2時3分、人工衛星を軌道に投入するロケットとしては世界最小級の「SS520」5号機を鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。約7分半後、搭載していた超小型衛星を予定の軌道に投入することに初めて成功した。

 ロケットは全長約10メートル、直径約50センチの電柱サイズ。世界で超小型衛星の打ち上げ需要が高まるのに対応した、安価で顧客の都合に合わせやすいロケットの実用化に弾みがついた。

 昨年1月の4号機は、飛行中に機体の電線がショートして地上にデータを送れなくなり失敗。今回は40件以上の改善を施して再挑戦した。

(2月3日17時55分)

科学・環境(2月3日)