国内外ニュース

サッカー、ナシオナルの追放要求 墜落事故をサポーターが侮辱

 1月31日に行われたリベルタドーレス杯のシャペコエンセ―ナシオナル戦=シャペコ(ロイター=共同)  1月31日に行われたリベルタドーレス杯のシャペコエンセ―ナシオナル戦=シャペコ(ロイター=共同)
 サッカーの南米クラブ一を決めるリベルタドーレス杯で、シャペコエンセ(ブラジル)が2日、一昨年に同クラブの選手らが犠牲となった航空機墜落事故を侮辱する行為が相手側サポーターにあったとして、対戦相手のナシオナル(ウルグアイ)を大会から追放するように主催の南米連盟に求めた。南米連盟は既に調査を開始し、ナシオナルは謝罪した。

 ブラジルのメディアは1月にブラジルで行われた試合でナシオナルのサポーターが、飛行機が事故に遭う様子を身ぶりで示しながら笑う映像を伝えた。ナシオナルは問題の2人を特定し、出入り禁止処分を科したとしている。(AP=共同)

(2月3日15時15分)

サッカー(2月3日)