国内外ニュース

WBC比嘉、挑戦者ともにパス 計量後にアイスクリーム

 WBCフライ級世界戦の前日計量をクリアし、ガッツポーズする比嘉と喜ぶ具志堅会長(奥右)=3日、那覇市内のホテル  WBCフライ級世界戦の前日計量をクリアし、ガッツポーズする比嘉と喜ぶ具志堅会長(奥右)=3日、那覇市内のホテル
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(4日・沖縄県立武道館)の前日計量が3日、那覇市内で行われ、王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が制限体重の50・8キロ、挑戦者のモイセス・フエンテス(メキシコ)が50・6キロで、ともに1回目でパスした。約10キロの減量を克服した比嘉は「試合に来るまでが長い。ほっとした。万全の体調に戻してKOで勝つ」と日本記録に並ぶ15戦連続KO勝利へ意気込んだ。

 比嘉は計量後、具志堅用高会長が用意したアイスクリームやスッポンのスープを口にした。

(2月3日17時00分)

スポーツ(2月3日)