国内外ニュース

男子は小川、女子・帰山総合首位 全日本スピード第1日

 スピードスケートの全日本選手権第1日は3日、青森県八戸市長根リンクで行われ、前半2種目を終えて男子は小川拓朗(abcdrug)が86・193点で総合首位に立った。500メートルは41秒62で4位だったが、5000メートルは7分25秒73で1位となった。

 女子は帰山麻衣(JFEエンジニアリング)が92・645点で総合トップ。500メートルは45秒24で2位、3000メートルは4分44秒43で1位となった。

(2月3日17時10分)

スポーツ(2月3日)