国内外ニュース

被爆医師の反戦思想しのぶ、長崎 永井隆生誕記念行事を開催

 永井隆博士の生誕110年記念行事で発表を行った長崎市立山里小の児童ら=3日午後、長崎市  永井隆博士の生誕110年記念行事で発表を行った長崎市立山里小の児童ら=3日午後、長崎市
 長崎で被爆しながら救護活動に尽力した医師、永井隆博士の生誕110年となった3日、長崎市で記念行事が開かれた。地元の小中学生が日ごろ取り組んでいる平和学習の内容を紹介し、博士が抱いた反戦への願いに思いをはせた。

 73年前の原爆投下で多くの児童らが犠牲になった長崎市立山里小からは、4年生84人が参加。交代でマイクを持ち、永井博士が医師や放射線研究者として活動し、作家としても後世に多大な影響を与えていることを発表した。岩崎健太朗君(10)は「博士の功績や思いを、世界の人たちに伝えたい」と意気込んだ。

(2月3日18時09分)

社会(2月3日)