国内外ニュース

北朝鮮楽団公演に15万人超応募 平昌五輪に合わせた南北交流行事

 1月21日、韓国・江陵の公演会場を下見する北朝鮮の「三池淵管弦楽団」の玄松月団長(手前右)(韓国統一省提供・共同)  1月21日、韓国・江陵の公演会場を下見する北朝鮮の「三池淵管弦楽団」の玄松月団長(手前右)(韓国統一省提供・共同)
 【ソウル共同】平昌冬季五輪に合わせた南北交流行事として韓国北東部、江陵とソウルで行われる北朝鮮の「三池淵管弦楽団」の公演について、市民からの観覧申し込みの受け付けを行った韓国のチケット販売会社「インターパークチケット」は3日、2回の公演に計約15万6千人の応募があったと明らかにした。

 抽選で280人の当選者を選ぶ江陵公演の倍率は約140倍、250人を選ぶソウル公演は約468倍。当選者には1人2席ずつ無料でチケットが配られる。

 韓国統一省によると、北朝鮮は2日、韓国に対し、公演内容は今後知らせるとし、演目には韓国側の歌が「多く含まれる」と伝えた。

(2月3日18時45分)

国際(2月3日)