国内外ニュース

11年の紀伊半島豪雨で捜索再開 奈良、昨年の遺体発見受け

 奈良県十津川村のダム湖で行われた捜索活動=4日午前  奈良県十津川村のダム湖で行われた捜索活動=4日午前
 2011年に起きた紀伊半島豪雨による行方不明者の遺体が昨年、奈良県十津川村のダム湖で発見されたことを受け、県警や地元消防などの約150人が4日、同村の二つのダム湖で、打ち切っていた捜索を再開した。

 県警などによると、捜索は16年8月に終了したが、同県五條市で濁流に流され、行方不明になった中西麻紀代さん=当時(37)=が昨年6月、下流の十津川村のダム湖で見つかった。

 ダム湖は現在、補修工事などで水を抜いて水位が低下。中西さんが見つかったダム湖で4日午前、警察官らがボートに乗って捜索を始め、のり面などを確認した。

(2月4日11時46分)

社会(2月4日)