国内外ニュース

ハーフマラソン、設楽悠太が2位 日本勢トップ、香川・丸亀国際

 男子で日本人トップの2位に入った設楽悠太=Pikaraスタジアム  男子で日本人トップの2位に入った設楽悠太=Pikaraスタジアム
 陸上の香川・丸亀国際ハーフマラソンは4日、丸亀市のPikaraスタジアム発着で行われ、男子は昨年9月に1時間0分17秒の日本新記録を出した設楽悠太(ホンダ)が1時間1分13秒で日本勢トップの2位に入った。村山謙太(旭化成)が29秒差の3位。ケニア出身のエドワード・ワウエル(NTN)が1時間0分31秒で優勝した。

 女子はベッツィ・サイナ(ケニア)が1時間9分17秒で制し、森田香織(パナソニック)が1時間10分10秒で2位。2016年リオデジャネイロ五輪マラソン代表の福士加代子(ワコール)は1時間13分17秒で7位だった。

(2月4日14時20分)

スポーツ(2月4日)