国内外ニュース

平昌、氷点下15度で開会式リハ 寒さで途中退出も?

 3日夜、平昌冬季五輪の開会式リハーサルを終え、会場を出る観客ら(聯合=共同)  3日夜、平昌冬季五輪の開会式リハーサルを終え、会場を出る観客ら(聯合=共同)
 【平昌共同】9日に開幕する平昌冬季五輪で、厳しい寒さが改めて心配されている。本番と同じ午後8時から約2万人の観客を入れて3日に行われた開会式のリハーサルは、午後10時の終了時の気温は氷点下15度だった。観客は途中で「最後まで見ていられない」と続々と帰路に就いた。

 会場の平昌五輪スタジアムは屋根がなく、昨年11月の夜に行われたコンサートでは5人が軽い低体温症で病院に搬送された。大会組織委員会はストーブ40台を設置するなど対応に動いたが、見に来た男性会社員(43)は「席の近くに暖房はあったけど、十分ではなかった」と30分を残し、帰りのバス乗り場に向かった。

(2月4日15時35分)

国際大会(2月4日)