国内外ニュース

小平奈緒「全力で思う存分」 日本選手団本隊が平昌到着

 韓国東部の襄陽空港に到着し、待ち受けた報道陣に手を振る日本選手団の小平奈緒主将=4日(共同)  韓国東部の襄陽空港に到着し、待ち受けた報道陣に手を振る日本選手団の小平奈緒主将=4日(共同)
 【平昌共同】9日に開幕する平昌冬季五輪の日本選手団のうち、主将を務めるスピードスケート女子の小平奈緒(31)=相沢病院=ら本隊が4日、決戦の地、平昌に到着した。小平はチャーター機で降り立った韓国東部の襄陽空港で「五輪は選手をドキドキ、ワクワクさせてくれる大会。全力で思う存分、その瞬間を味わいたい」と力強く決意を述べた。

 この日、韓国入りした選手・役員は日本オリンピック委員会(JOC)副会長で元外交官の斎藤泰雄団長ら132人。このうち選手はスピードスケート男女やアイスホッケー女子など70人で、日本選手の先陣を切る形となった。

(2月4日19時15分)

国際大会(2月4日)