国内外ニュース

スキー渡部暁、5連勝ならず3位 W杯複合個人第14戦

 複合個人 後半距離のゴール後、3位となったことを確認しガッツポーズする渡部暁斗=白馬  複合個人 後半距離のゴール後、3位となったことを確認しガッツポーズする渡部暁斗=白馬
 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合白馬大会最終日は4日、長野県白馬村で平昌冬季五輪前最後の試合となる個人第14戦が行われ、五輪代表で個人総合首位の渡部暁斗は5連勝を逃し、3位だった。表彰台は6戦連続。ヤン・シュミット(ノルウェー)が飛躍7位から逆転し、今季3勝目、通算5勝目を挙げた。

 渡部暁は前半飛躍で116メートルの8位と出遅れ、首位と1分17秒差で出た後半距離(10キロ)で追い上げたが、今季6勝目には届かなかった。

 五輪代表勢は山元豪が8位に入り、永井秀昭が13位、渡部剛弘が20位、渡部善斗が27位だった。

(2月4日17時56分)

スポーツ(2月4日)