国内外ニュース

王者の比嘉、1回KO勝利 日本記録に並ぶ15連続KO

 フエンテスにKO勝ちし、大喜びの比嘉大吾=沖縄県立武道館  フエンテスにKO勝ちし、大喜びの比嘉大吾=沖縄県立武道館
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦が4日、沖縄県立武道館で行われ、王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が同級9位のモイセス・フエンテス(メキシコ)に1回2分32秒でKO勝ちし、2度目の防衛に成功した。戦績は15戦全KO勝ちで、浜田剛史らが持つ15戦連続KO勝利の日本記録に並んだ。デビューからの連続KO勝利は日本新記録。

 比嘉は左を当てて優位に立ち、早々と試合を終わらせた。地元の沖縄での世界戦開催は1981年に具志堅用高が敗れて以来、4度目で初の日本選手勝利となった。

(2月4日21時34分)

スポーツ(2月4日)