国内外ニュース

キプロス大統領が再選 再統合向け協議再開の意向

 再選を果たし、支持者に応えるキプロス共和国のアナスタシアディス大統領(中央)=4日、ニコシア(ロイター=共同)  再選を果たし、支持者に応えるキプロス共和国のアナスタシアディス大統領(中央)=4日、ニコシア(ロイター=共同)
 【ローマ共同】地中海の分断国家キプロスの南側、キプロス共和国で4日、大統領選の決選投票があり、現職のニコス・アナスタシアディス大統領(71)が元保健相スタブロス・マラス氏(50)を破り再選を果たした。任期は5年。

 ギリシャ系住民が大半を占めるキプロス共和国では、北側の北キプロス・トルコ共和国との再統合が焦点で、アナスタシアディス氏は再選後、再統合に向けた協議を再開する意向を示した。

 キプロス共和国内務省によると、アナスタシアディス氏は55・99%を得票、マラス氏の44・01%を上回った。投票率は73・97%だった。

(2月5日9時06分)

国際(2月5日)