国内外ニュース

国債市場、長期金利は横ばい 利回り0・080%

 週明け5日午前の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(349回債、表面利率0・1%)の利回りが前週末終値と同じ0・080%だった。

 前週末に米国の長期金利が上昇した流れを引き継いだ場面もあったが、日経平均株価の下落幅の拡大などで安全資産とされる国債を買う動きが出た。

 大阪取引所10年国債先物の中心限月である3月きりは前週末終値比05銭高の150円33銭。

(2月5日11時50分)

経済(2月5日)