国内外ニュース

旗手・葛西選手が韓国入り 「わくわくしている」

 韓国・仁川国際空港に到着し、記者の質問に答えるスキー・ジャンプ男子の葛西紀明=5日(共同)  韓国・仁川国際空港に到着し、記者の質問に答えるスキー・ジャンプ男子の葛西紀明=5日(共同)  韓国・仁川国際空港に到着したスキー・ジャンプ男子の葛西紀明。左奥は竹内択=5日(共同)  韓国・仁川国際空港に到着したスキー・ジャンプ男子の葛西紀明。左奥は竹内択=5日(共同)
 【仁川共同】平昌冬季五輪で日本選手団の旗手を務めるノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明選手が5日、韓国入りした。仁川国際空港で「わくわくしている。目標は毎回同じ。金メダルを取りたい」と笑顔を交えて話した。

 45歳の葛西選手は出場すれば冬季五輪史上最多の8度目となる。主将を務めた前回ソチ五輪に続き、旗手という大役を任され「うれしく思う。日本の選手みんなが最高のパフォーマンスを出せるように、旗を振ってエールを送りたい」と話した。

 他のジャンプ男子勢も到着した。

(2月5日13時35分)

国際大会(2月5日)