国内外ニュース

コスタリカ大統領選は決選投票へ 4月1日に与野党の上位2者で

 4日、コスタリカの首都サンホセで大統領選に投票する国家復興党のファブリシオ・アルバラド候補(ロイター=共同)  4日、コスタリカの首都サンホセで大統領選に投票する国家復興党のファブリシオ・アルバラド候補(ロイター=共同)
 【リオデジャネイロ共同】中米コスタリカで4日、中道左派のソリス大統領の任期満了に伴う大統領選が投開票され、13人が乱立する中、当選に必要な40%を超す得票を見込める候補者はおらず、地元メディアによると4月1日に与野党の上位2者による決選投票に持ち込まれることが確実となった。

 選挙管理委員会の中間集計(開票率約68%)では中道右派、国家復興党のファブリシオ・アルバラド候補が約25%と得票率で首位、与党の市民行動党のカルロス・アルバラド候補が約21%で2位となった。

 連続再選が禁止されているため、ソリス氏は立候補できなかった。

(2月5日13時42分)

国際(2月5日)