国内外ニュース

囲碁、井山が第1局は敗れる LG杯決勝

 第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の第1局に臨む井山裕太碁聖(右)。左は中国の謝爾豪五段=5日午前、東京都千代田区の日本棋院  第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の第1局に臨む井山裕太碁聖(右)。左は中国の謝爾豪五段=5日午前、東京都千代田区の日本棋院  第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の第1局で、中国の謝爾豪五段(左)に敗れた井山裕太碁聖=5日午後、東京都千代田区の日本棋院  第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の第1局で、中国の謝爾豪五段(左)に敗れた井山裕太碁聖=5日午後、東京都千代田区の日本棋院  第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の第1局で敗れた井山裕太碁聖=5日午後、東京都千代田区の日本棋院  第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の第1局で敗れた井山裕太碁聖=5日午後、東京都千代田区の日本棋院
 囲碁の国際棋戦、第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の第1局は5日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、全七冠を保持する井山裕太碁聖(28)が中国の謝爾豪五段(19)に180手で敗れた。

 黒番の井山碁聖が序盤は実利で先行。中盤は激しい競り合いとなったが、終盤、謝五段が鋭く踏み込み、先勝した。

 井山碁聖は2013年、早碁のテレビ囲碁アジア選手権で優勝しているが、LG杯のような持ち時間が長い主要国際棋戦ではまだなく、今回は初制覇が懸かる。優勝すれば、05年の張栩九段以来、日本勢として3人目のLG杯優勝となる。

 第2局は7日に同所で行われる。

(2月5日15時29分)

文化・芸能(2月5日)