国内外ニュース

拘束された米学生の父、開会式に 平昌五輪、北朝鮮反発も

 オットー・ワームビア氏(左)、ワームビア氏の父親フレッド氏  オットー・ワームビア氏(左)、ワームビア氏の父親フレッド氏
 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は4日、北朝鮮から解放された直後に死亡した米国人大学生オットー・ワームビア氏の父親フレッド氏が9日の平昌五輪開会式にペンス米副大統領の招待客として出席すると伝えた。

 開会式にはペンス氏のほか、北朝鮮からも名目上のナンバー2である金永南・最高人民会議常任委員長らが参加する予定。北朝鮮が反発を強める可能性もある。

 トランプ米大統領は先月30日の一般教書演説でワームビア氏に触れ、両親を議場に招待。北朝鮮に対する圧力強化を約束していた。

 ワームビア氏は北朝鮮で拘束中に昏睡状態に陥り、昨年6月、帰国直後に死亡した。

(2月5日15時29分)

国際大会(2月5日)