国内外ニュース

「コリア」が試合会場で初練習 平昌IH、大勢のマスコミが注目

 試合会場で行われた公式練習で、監督の指示を聞く合同チーム「コリア」の選手たち=5日、韓国・江陵(共同)  試合会場で行われた公式練習で、監督の指示を聞く合同チーム「コリア」の選手たち=5日、韓国・江陵(共同)
 【平昌共同】平昌冬季五輪のアイスホッケー女子に出場する韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」が5日、試合会場の関東ホッケーセンターで初めて公式練習を行った。4日に仁川でスウェーデンと練習試合を行ったため、この日は主に試合に出場しなかった選手が氷上で約1時間調整した。

 韓国メディアを中心に多くのマスコミが注目する中、選手は1対1などの基礎練習に時間をかけた。北朝鮮選手は足早に引き揚げたが、中には練習の感想や会場の雰囲気を問われ「大丈夫です」と答える選手もいた。マリー監督は「北朝鮮選手を指導できて、とても充実している」と明るく振る舞った。

(2月5日16時50分)

国際大会(2月5日)