国内外ニュース

広島中3死亡で校長謝罪 「いじめの認識甘かった」

 記者会見で謝罪する市立五日市観音中の大下茂校長(左)ら=5日午後、広島市  記者会見で謝罪する市立五日市観音中の大下茂校長(左)ら=5日午後、広島市
 広島市佐伯区の市立五日市観音中3年の女子生徒が昨年7月に死亡し、いじめを苦にした自殺だった可能性がある問題で、第三者委員会がいじめを認める調査結果を発表したことを受けて大下茂校長が5日、記者会見し「いじめに対する認識が甘かった。事態を深刻に受け止めず、表面的な対応に終始してしまった」と謝罪した。

 大下校長や市教育委員会によると、女子生徒本人や保護者から悪口や暴言などいじめの相談は何度もあった。教員は、その度に加害生徒に対する指導をするだけで、具体的対策を取らなかった。

(2月5日17時41分)

社会(2月5日)