国内外ニュース

伊藤園に下請法違反で勧告 公取委、代金を不当減額

 飲料大手の伊藤園(東京)が、主力商品「お~いお茶」など清涼飲料の製造を委託している下請け事業者2社に対し、支払い代金から計約1億1880万円を不当に減額したのは下請法違反に当たるとして、公正取引委員会は5日、再発防止を勧告した。伊藤園は公取委の調査を受け、既に2社に全額を支払ったという。

 公取委によると、伊藤園は2016年6月~17年5月、2社に販売促進のため「特別協力金」の負担を求め、支払った代金の一部を振り込ませていた。額は2社が期間中に伊藤園との取引で得た利益の数%に相当するという。

(2月5日17時45分)

社会(2月5日)