国内外ニュース

仮想通貨ネム流出で取引所提訴 出金停止は不当と顧客

 仮想通貨「NEM(ネム)」が取引所大手コインチェック(東京)から流出した問題で、同社が出金を停止しているのは不当として、顧客の30代の男性会社員が、仮想通貨の購入費用60万円の返還を求める訴訟を東京簡裁に提起したことが5日、分かった。

 問題の発覚後、コインチェック利用者の提訴が明らかになったのは初めて。

 訴状などによると、男性は問題発覚前の昨年12月以降、コインチェックで仮想通貨の一種「リップル」を合計60万円分以上購入。そのまま預けていたが、仮想通貨の流出が発覚した1月26日、コインチェックはネムやリップルを含む全ての仮想通貨と日本円の出金を停止した。

(2月5日17時51分)

社会(2月5日)