国内外ニュース

草津白根山、噴出物4万トン 火山研究者が調査報告

 草津白根山の本白根山噴火を受け開いた会議で、あいさつする群馬県草津町の黒岩信忠町長(中央)=5日午後、草津町役場  草津白根山の本白根山噴火を受け開いた会議で、あいさつする群馬県草津町の黒岩信忠町長(中央)=5日午後、草津町役場
 草津白根山の本白根山の噴火を受け、群馬県草津町が県や長野県、周辺自治体の担当者を集めた会議が5日開かれ、本白根山の噴出物が4万トン程度と見積もる調査結果を火山研究者が報告した。

 会議終了後に記者会見した気象庁の宮村淳一火山対策官が明らかにした。宮村氏は2014年9月の御嶽山噴火と比較し「(噴出量は)少なく、噴火現象が小さい」と指摘。火山活動については「以前に比べると火山性地震が多い状態で、しばらく様子を見る必要がある」とした。

 草津町は本白根山の鏡池付近から2キロ範囲に暫定的な立ち入り規制をかけている。規制には国道も含まれている。

(2月5日19時25分)

社会(2月5日)