国内外ニュース

「北朝鮮が仮想通貨奪取」と韓国 情報機関が報告、日本事件も調査

 【ソウル共同】韓国の情報機関、国家情報院は5日、北朝鮮がサイバー攻撃で韓国から数百億ウォン(数十億円)規模の仮想通貨を奪取したと韓国国会に報告した。不正アクセスにより顧客の約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した日本の事件についても、北朝鮮の関与の有無を調べているという。非公開の国会情報委員会での報告内容として出席議員が明らかにした。

 出席議員によると、北朝鮮は韓国の仮想通貨取引所や顧客に対しハッキングのためのメールを多数送りつけ、暗証番号などを奪っていた。取引所が社員を募集していることに目を付け、入社志願書に見せかけたものもあったという。

(2月5日22時16分)

国際(2月5日)