国内外ニュース

FRB議長が宣誓 パウエル氏、任期4年

 FRBのパウエル議長(AP=共同)  FRBのパウエル議長(AP=共同)
 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は5日、就任の宣誓式を行い、議長としての業務を本格的に始めた。任期は4年。息の長い景気回復を続ける米経済のかじ取り役を担う。

 パウエル氏はトランプ大統領の指名と議会の承認を受け、現職のFRB理事から議長に昇格した。米財務次官や大手投資会社の共同経営者の経験もある。もともとは政治や法律の専門家で、エコノミスト出身ではない人物のFRB議長就任は約40年ぶりとなった。

 パウエル氏は昨年11月の議会公聴会で「超低金利はもはや適切ではない」と話した。

(2月5日23時44分)

経済(2月5日)