国内外ニュース

三菱マテ系が認証取り消し 品質管理の国際規格

 製品データ改ざん問題を起こした三菱マテリアル子会社の三菱電線工業(東京)は5日、国際標準化機構(ISO)の品質管理に関する国際規格の認証が取り消されたと発表した。2月2日付。

 同じく問題を起こした子会社の三菱伸銅(東京)は、認証の一部取り消しと一時停止の処分を受けたと発表した。

 いずれも、認証の適合性に重大な懸念があると認められたとしている。

 三菱電線は、箕島製作所(和歌山県有田市)で製造した水漏れなどを防ぐシール材で検査の未実施などがあった。三菱伸銅は若松製作所(福島県会津若松市)で自動車に使われる銅製品などのデータを偽装していた。

(2月6日1時49分)

経済(2月6日)