国内外ニュース

死刑執行男性の再審認めず 女児2人殺害、飯塚事件

 飯塚事件の再審開始が認められず、記者会見する主任弁護人の岩田務弁護士(左)と弁護団共同代表の徳田靖之弁護士=6日午後、福岡市  飯塚事件の再審開始が認められず、記者会見する主任弁護人の岩田務弁護士(左)と弁護団共同代表の徳田靖之弁護士=6日午後、福岡市
 福岡県飯塚市で1992年、小学1年の女児2人が誘拐、殺害された「飯塚事件」の再審請求即時抗告審で、福岡高裁(岡田信裁判長)は6日、請求を棄却した福岡地裁決定を支持し、殺人などの罪で死刑が執行された久間三千年元死刑囚=執行時(70)=の再審開始を認めない決定をした。

 法務省によると、死刑後に裁判のやり直しが認められた例はなく、判断が注目された。高裁は「犯人であることは合理的な疑いを超えた高度の立証がされている」とし、弁護団の主張を全面的に退けた。弁護団は不服として最高裁に特別抗告する。

(2月6日12時16分)

社会(2月6日)