国内外ニュース

北朝鮮の管弦楽団、海路で韓国へ 「万景峰」の利用に例外措置

 5日、平昌冬季五輪に合わせて韓国で行われる公演のため平壌を出発する権赫奉文化省芸術公演運営局長と玄松月団長が率いる楽団(朝鮮通信=共同)  5日、平昌冬季五輪に合わせて韓国で行われる公演のため平壌を出発する権赫奉文化省芸術公演運営局長と玄松月団長が率いる楽団(朝鮮通信=共同)
 【ソウル共同】平昌冬季五輪に合わせて韓国北東部、江陵とソウルで公演を行う北朝鮮の「三池淵管弦楽団」の本隊を乗せた貨客船「万景峰92」は6日夕ごろ、韓国側護送艦の案内を受け韓国東部、東海市の港に入る。

 北朝鮮は当初、楽団は陸路で韓国入りするとしてきたが、4日になって海路で韓国入りし、宿泊もこの船で行うと韓国側に連絡。韓国は独自制裁措置で北朝鮮船舶の入港を禁じているが、統一省は「五輪開催を成功させるため、例外的措置を取った」としている。

 朝鮮労働党機関紙によると、玄松月団長らが率いる楽団は5日、「万景峰92」が停泊する東部元山に向け列車で平壌を出発した。

(2月6日10時40分)

国際大会(2月6日)