国内外ニュース

ロヒンギャ問題の解決求める ASEAN外相が声明発表

 6日、シンガポールで開かれた中国ASEAN国防相会議(共同)  6日、シンガポールで開かれた中国ASEAN国防相会議(共同)
 【シンガポール共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議が6日、シンガポールで開かれ、同国のバラクリシュナン外相はミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ問題について、根本的解決の必要性を訴える報道声明を発表した。

 内政不干渉が原則のASEANによるロヒンギャ問題への強い懸念表明は異例。声明は「包括的で永続的な解決の必要性」を強調し、難民の迅速で自発的な帰還開始に期待を示した。

 バラクリシュナン氏は記者会見で「究極的には政治解決が必要だ」と強調した。外相会議にミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は出席せず、政府高官が情勢を報告した。

(2月6日19時10分)

国際(2月6日)