国内外ニュース

羽生団体回避「あと1週間必要」 平昌五輪、コーチが理由説明

 【平昌共同】フィギュアスケート男子で平昌冬季五輪代表の羽生結弦(ANA)を指導するコーチのブライアン・オーサー氏が6日、五輪会場の江陵アイスアリーナで報道陣の取材に応じ、昨年11月の右足首故障からの復活を目指す羽生が9日に始まる団体を回避する方針であることに「100パーセントの状態に戻すためにあと1週間、時間が必要だった」と理由を説明した。

 オーサー氏は16日にショートプログラム(SP)、17日にフリーが行われる個人種目で、男子で66年ぶりとなる五輪2連覇を成し遂げることが「彼の目標」と話した。

(2月6日13時05分)

国際大会(2月6日)