国内外ニュース

東証急落、終値1071円安 1年7カ月ぶり下げ幅

 一時1500円超下げた日経平均株価を示すモニター=6日午後、東京・東新橋  一時1500円超下げた日経平均株価を示すモニター=6日午後、東京・東新橋
 6日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、米国市場の大幅な株安が連鎖して急落した。終値は前日比1071円安の2万1610円で、昨年10月以来、約3カ月半ぶりの安値水準。英国の国民投票で欧州連合(EU)離脱ショックが広がった2016年6月以来、約1年7カ月ぶりの下げ幅となった。取引時間中の下げ幅は1600円を超え、約17年10カ月ぶりの大きさとなる場面もあった。

 アジア株も軒並み下落し、円高が進行したことで売り注文は膨らんだ。

 平均株価の終値は1071円84銭安の2万1610円24銭、東証株価指数(TOPIX)は80・33ポイント安の1743・41。

(2月6日16時36分)

経済(2月6日)